書き方に違いがあることを知っておこう

最強の職務経歴書

魅力的な職務経歴書を書くために 職務経歴書には今までの職務経歴や保有している資格、志望動機、自己PRを書き込みます履歴書のように書く欄が指定されているわけではないので何をどの程度、どう書けば良いのか迷ってしまうかもしれません。魅力的な職務経歴書の書き方を紹介します。

職務経歴書と履歴書の違いとは

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

相違点「目的」

「履歴書」は内定後に本人確認や人事情報として保管されているもの、です。そのため、書類選考の際に履歴書が使われることはありませんが、決して手を抜いてはいけません。履歴書はいわば応募者の第一印象を決めるものです。良い印象を与える顔写真を貼ったりきれいな字で書くように心がけたりと丁寧でスキのない履歴書を書くようにしましょう。
一方、「職務経歴書」は書類選考で使われるため採用担当者の判断基準の1つとなるものです。そのため、面接に進むことができるかどうかは職務経歴書にかかっているといっても過言ではありません。職務経歴書に書くのは「職務要約」をはじめとして、「経歴」や「志望動機」、「自己PR」など履歴書よりも書くことはたくさんあります。採用担当者の目に留まるためにも、どんな仕事がやりたいか、自分の強みは何か、をきちんと把握してから書くようにしましょう。もし、自分のやりたい仕事や強みが分からなければ、時間を取って自己分析をしてみましょう。自己分析をすることで自分の強みが何か理解することができるはずです。まずは今までの経験を振り返り、どのような業務を行ったのか、それによって何が身についたのかを整理してみましょう。

相違点「目的」

相違点「内容」

履歴書は「保管するもの」であるため、人事に関する情報が主な内容となるため、内容を正確に伝えることが重要とされます。書く内容は名前や生年月日、住所や連絡先といった個人的な情報に加えて、学歴や職歴、免許や資格、勤務先までの通勤時間や家族構成、そして趣味や特技、本人の希望などある程度決まっているため特別なフォーマットは必要ありません。市販のもので十分です。
それに対して職務経歴書は「書類選考の合否を判断するもの」であるため、書類選考が通過できる内容を書く必要があります。次のステップに進むためにも慎重に考慮した内容を書くようにしましょう。
基本的に書く内容は「タイトル」や「生年月日」、「職務経歴」と「職務要約」、そして「自己PR」や「志望動機」ですが、履歴書と違って決められた形式はないので、応募者のやる気や強みが明確に伝わるように自由に書いてかまいません。具体的には今までの就業先や業務内容などに加えて、これまでどんな実績を積んできたか、雇用されたらどのように貢献することができるか、といったことをアピールするといいでしょう。
履歴書と職務経歴書は書く内容に違いがあるものの、どちらも「目的を理解しそれに沿う内容であること」が重要となります。

相違点「内容」

職務経歴書の書き方に迷ったらコレ!

  • 志望動機の書き方
    志望動機の書き方

    数多くいる応募者の中から採用担当者の目に留まるためには志望動機の書き方が重要となります。志望動機を深く掘り下げて具体的なエピソードを盛り込むとより説得力のある志望動機となります。また、応募先の職種や施設形態に合わせて書くのも1つの方法です。ただしその場合は応募先の情報をきちんと把握しておく必要があるため、事前にしっかりと調べておくようにしましょう。

  • 職務経歴書の形式と書き方
    職務経歴書の形式と書き方

    介護業界は働く施設がさまざまな分野に分かれているため、キャリアップや経験を積むために違う分野で働きたいと考えている人も少なくありません。転職活動を行う際に重要となるのが今までの職務経歴や業務内容が詳しく書かれた職務経歴書です。職務経歴書には決まった書き方はありませんが、相手が見やすいように簡潔に正しく書くようにしましょう。

採用担当の目に留まる職務経歴書を書こう!

当サイトでは転職活動に重要なポイントとなる職務経歴書の書き方を紹介しています。書き方のポイントを押さえて、採用担当者の目に留まるような魅力的な職務経歴書を作成しましょう。当サイトに関してご不明な点やご質問がある場合は【saikyoushokumukeirekisho@yahoo.co.jp】までご連絡下さい。